無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから

今回は宅建試験の学習内容を暗記するための効果的な方法論を7つご紹介したいと思います。

宅建試験はほとんどの問題が知識の有無を問うものです。

そのため、合格するには学習内容の正確な暗記を欠かすことができません。

暗記に対して苦手意識のある方は是非、一つでも多くの方法論を取り入れて、少しでも暗記の負担を減らすようにして下さい。

宅建の暗記にすぐ使える7つの方法

できるだけわかりすく解説しているつもりですが、わかりにくい点がありましたお気軽のご質問下さい。

さらに噛み砕いて説明させて頂きます。

暗記法1.忘れる前に思い出す

宅建の暗記法暗記を効率的に行うための最も基本となる考え方です。

人間の脳の仕組みから言って、長期記憶を作るためには、一度に労力をかけて無理矢理、覚えようとするより、覚えたことを何度も思い出す方が効果的であることが科学的に立証されています。

つまり、効果的に暗記をするためには覚えるための時間と労力を一時に集中させるより、思い出す機会を増やす方が効果的であるということです。

この考え方を知っているだけでも暗記学習の負担を3分の1程度は減じることができるはずです。

暗記法2.暗記カードを使う

今さらと言う感じがするかもしれませんが、暗記カードは覚えにくいことを何度も思い出すことができる方法として非常に有効です。

暗記カードと言うと学生時代に英単語を覚えるのに使った小さなサイズのものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、文房具店などに行くと様々なサイズのものが販売されていますので、使いやすいサイズのものを購入して利用するようにして下さい。

暗記法3.チェックペンを使う

これも今さらと言う感じがするかもしれませんが、やはり思い出すということを効率的に行うための道具として非常に有効です。

チェックペンと言うと昔は赤色が定番でしたが、今は緑色のものも販売されています。

なんでも緑色のものの方が、ページ裏への色写りが防げるんだとか。

好みに合う方を選んでお使い下さい。

暗記法4.ゴロを使う

これも昔から、よく使われてきた方法ですね。

その効果はあなたも十分、ご存知だと思います。

ただ、ゴロにはあまりに多用すると
・ゴロ自体を覚える負担が増える
・何を覚えるためのゴロだったのかわからなくなる
といった欠点もあります。

ですので、「絶対に正確に暗記したい」というポイントのみで利用することをおすすめします。

暗記法5.耳を使う

耳を使うテキストや過去問を録音してそれを聴くことによって、効率的に暗記しようということです。

目だけより、耳も動員する方が暗記しやすくなるのは当然のことですよね。

声を出して読むのと違って場所や状況も選びませんし。

今の音声の再生機器には多くの場合、高速再生機能がついていますので、それを使うとさらに効率的に暗記することが可能になります。

暗記法6.比較する

似たような項目、混乱しやすい項目を比較してワンセットで暗記するということです。

出題者側も似たよう項目や混乱しやすそうな項目は、ついつい出題しやすくなるものです。

そういう意味では試験対策として非常に理にかなった方法と言えますので、是非とも取り入れるようにして下さい。

なお、取り入れる方法としてはテキスト等の該当箇所に似たような項目や混乱しやすい項目を書き込むだけで十分です。

わざわざ別にノートを作ったりする必要まではありません。

暗記法7.理屈をつける

覚えにくいこと、忘れやすいことに自分なりに理屈をつけて、忘れにくくするということです。

たとえば農地法4条では「農地を農地以外のものにする者は、都道府県知事等の許可を受けなければならない。」とされており、3条や5条で規制対象となっている採草放牧地が規制対象となっていません。

こういう場合に、「農地法では採草放牧地より農地の方を重視しているから農地だけを規制の対象にしているんだなあ。」とかいった具合に自分なりに理屈をつけてしまうわけです。

すると、たったこれだけのことでも記憶のフックになって忘れにくくなるんですね。

なお、ここでつける理屈は覚えたことを忘れにくくするためのものですので、正しいものである必要はありません。

そういう意味では、自分が忘れにくくなるということのみに力点を置いて理屈をつけて頂いても、一向に構いません。

宅建の暗記方法まとめ

宅建の暗記方法まとめ宅建試験の学習内容を暗記するための効果的な方法論としては

  1. 忘れる前に思い出す
  2. 暗記カードを使う
  3. チェックペンを使う
  4. ゴロを使う
  5. 耳を使う
  6. 比較する
  7. 理屈をつける

の7つがあります。

いずれの方法も効果があることは間違いありませんので、是非、一つでも多くの方法を取り入れるようにして下さい。

読むだけでは何も変わりませんよ!

 

無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから