無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから

本日はメルマガの読者の方から頂いたご質問と当方からの回答をご紹介したいと思います。

ご質問の内容

遺留分って?宅建の勉強で出てくる遺留分の意味がわかりません。

インターネットで調べたところ、遺留分のことを相続人に保証されている最低限の取り分みたいなことを書いているのですが、それは相続分のことなのでは?

もう少しわかりやすく説明してもらえると助かります。

松村からの回答

相続分というのは、被相続人が遺言で別段の意思表示をしたりすることがなければ法定相続人が承継することになる相続財産に対する取り分のことです。

これに対して遺留分というのは、被相続人が遺言で別段の意思表示をしたとしても相続人に最低限、保証される相続財産に対する取り分ということになります。

この説明ではわかりにくいと思いますので、以下に具体例をあげてみましょう。

たとえば、あるお父さんが奥さんと子供1人を残して亡くなったとします。

で相続財産は5000万円です。

この場合、お父さんが遺言を残したりしていなければ、嫁さんと子供はそれぞれ5000万円×2分の1=2500万円づつ相続することになります。

これが法定相続分ですね。

まあ、こういう風にすんなりいけば特に問題は起こらないわけです。

ところがお父さんの中にはややこしいことをする人がいるわけですよ。

スナックのママたとえば、「相続財産はスナック瞳のママ、瞳ちゃんに全部、あげる。」とか、いった内容の遺言を残すとか。(笑)

こういう時に意味が出てくるのが遺留分なんですね。

遺留分権利者は上記のようなアホみたいな遺贈を自身の有する遺留分の範囲で取り消すことができるんです。(遺留分減殺請求権)

この事例では遺留分権利者の中に奥さんと子供がいるので遺留分は全体で2分の1です。

(遺留分権利者が被相続人の直系尊属だけの場合は3分の1)

つまり、この嫁さんと子供はスナックのママから2500万円を取り戻すことができるというわけです。

こういう場面で遺留分というのは意味を持ってくるわけです。

まあ、平たく言うと

「お父ちゃんが死んでも、お父ちゃんが残してくれた財産があるから生活には困らへんやろ。」

と思っていた近親者の相続に対する期待利益みたいなものを最低限の範囲で守るのが遺留分であるということです。

以下、宅建試験対策上必要なその他の遺留分のポイントを簡単に紹介しておきます。

・各相続人ごとの遺留分は法定相続分で決まる。

今回の事例でいくと、嫁さんと子供にそれぞれ1250万円づつ遺留分があることになります。

・兄弟姉妹には遺留分はない。

つまり、遺言によって兄弟姉妹の相続分は完全に奪ってしまうことができるということ。

・共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。

相続放棄をすると他の相続人の相続分が変動することと比較して覚えましょう。

・遺留分の放棄は相続開始前であっても、家庭裁判所の許可を受けて行うことができる。

相続放棄は相続開始前にはできないことと比較して覚えましょう。

まとめ

遺留分は相続人の相続財産に対する期待利益を保護するための最低限の取り分。

 

無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから