無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから

宅建試験に落ちた理由トップ5今回は宅建試験に落ちた人が語る、自分が考える宅建試験に落ちた理由のトップ5をご紹介したいと思います。

過去の受験生たちがどんな理由で宅建試験に落ちているのかを知っていれば、そういう事態に陥ることをいかに防ぐかということをあらかじめ検討しておくことが可能になります。

合格者の語る合格できた理由と同じくらいに(場合によってはそれ以上に)学ぶところがあるはずですので、しっかりとお読みになり、心に留めて頂きたいと思います。

宅建試験に落ちた理由トップ5はこれだ。

調査対象は当方の講座受講生やメルマガ読者など71名です。

アンケートの母体数としては不十分かと思いますが、参考にはなりうるはずです。

なお、複数回答があったため、回答者の合計数は71名になっていません。

落ちた理由1.勉強時間が足りなかった。

宅建に落ちた理由1.勉強時間が足りない勉強時間不足を敗因として挙げられた方が47名と最も多くなっています。

勉強時間不足に陥った原因については、「仕事が忙しかった。」「試験の難易度を見誤っていた。」などといった声が多く聞かれます。

基本的な対策としては以下のようなことが考えられます。

・インターネット上の無責任な情報に惑わされず試験の難易度を正確に把握する。

・合格するのに必要十分な勉強時間を確保できるような学習計画を立てる。

スキマ時間を有効活用する。(例;テキストを常に携帯する。音声活用する。)

落ちた理由2.学習内容をしっかり覚えることができていなかった。

回答者数は28名です。

宅建試験は細かな知識を問う問題が多い試験ですので、この点を痛感される方が多かったのでしょう。

しっかり覚えることができていなかった原因については「勉強時間不足」「似たような規定が多く知識の混乱がおこった。」「加齢により記憶力が衰えた。」などといった声があります。

基本的な対策としては以下のようなことが考えられます。

・覚えるための勉強時間を増やす。

反復学習を心がける。(一度で無理矢理、覚えようとするより、適度に間をあけて反復学習を行う方が覚えやすいことが科学的に立証されています。)

・覚えるための工夫をする。(似たような事項はセットで覚える。暗記カードを作る。音声を利用する。)

落ちた理由3.よくわからないことをほったらかしにした。

よくわからない回答者数は22名です。

知識というのは、一見、無関係に見えても、ゆるやかにつながっているものですから、一つでもよくわからないことをほったらかしにすると、その周辺の知識まであいまいになってしまいます。

そのことを試験に落ちた方の多くが実感されているということなのでしょう。

よくわからないことをほったらかしにした原因については「独学なので質問する相手がいなかった。」「メールで質問するのが面倒くさかった。(通信講座の受講生)」などといった声があります。

基本的な対策としては「講座を受講するなどして気軽に質問できる学習環境を整える。」ということになります。

なお、用語の意味を調べるという程度のことであれば、インターネットを利用してもいいでしょう。

(その場合も、なるべくサイト運営者がはっきりとわかるものを利用するようにして下さい。)

落ちた理由4.モチベーションが維持できなかった。

回答者数は19名です。

一般論として学習期間が長い人ほど、この問題に直面することが多いようです。

モチベーションが維持できなかった原因としては「内容が難しく、思うように勉強が進まなかった。」「なんとなく」「宅建資格に対する気持ちが薄れた。」などといった声があります。

基本的な対策としては以下のようなことが考えられます。

・自分にあった学習環境を選ぶ(自己管理が苦手なら、独学以外の方法を検討するなど)

・宅建資格が自分にもたらしてくれるメリットを明確に把握し、それを常に思い出すようにする。

落ちた理由5.試験の時間が足りなかった。

回答者数は8名です。

宅建試験が2時間で四肢択一式問題を50問も解かなければならない試験であることを考えれば、ありそうな原因ですね。

試験の時間が足りなかった原因については「問題文が難しく、何度も読み返してしまった。」「わからない問題で必要以上に迷ってしまった。」などと言う声があります。

基本的な対策としては以下のようなことが考えられます。

・問題文をすんなり読めるようになるために、法律的な言い回しになれる。

・過去問題集を何度も解いて問題のパターンになれる。

・少なくてもいいので、知識を正確にし、わからない問題はわからないという風にはっきりと割り切れるようにする。

落ちた理由6.ケアレスミスが多かった。(同率5位)

回答者数は「試験の時間が足りなかった。」と同数の8名です。

宅建試験にかぎらず、およそ全ての試験でよくある敗因と言えるでしょう。

ケアレスミスが多かった原因については「問題文を読み間違えた。」「問題文に書かれていた条件を読み落とした。」などという声があります。

基本的な対策としては以下のようなことが考えられます。

・過去問学習で自分が間違った問題に印をつけるなどして、自分が間違いやすい問題のパターンを把握する。

・問題文を文節等でスラッシュを入れながら、読むなどをして、斜め読み、読み飛ばしの危険性をなるべく排除する。

宅建試験に落ちた理由まとめ

宅建試験に落ちた理由まとめ以上が宅建試験に落ちた人にきいた宅建試験に落ちた理由トップ5になります。

上でも書きましたが過去の受験生たちがどんな理由で宅建試験に落ちているのかを知っていれば、「そういう事態に陥ることをいかに防ぐか」ということをあらかじめ検討しておくことが可能になります。

そうやって、試験に落ちることになるような理由を一つ一つ、潰していけば、より確実に宅建試験に合格することができるようになるはずです。

この記事の内容については、決して読んでおしまいにせずに、定期的に振り返るなどして、ご自身の宅建試験対策に具体的に役立てて頂きたいと思います。

 

無料レポート「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから